スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四麻の打ち方忘れました


今日半荘打ってて思ったんですが、以前と明らかに打ち方が変わってます。

まず序盤に生牌の役牌持ってたら、両面ターツが二~三個あればペンチャン落としてでも絞るようになりました。


三麻打ったからこんな絞りするようになったんですが、字牌って結構重なるもんですね。


だから前はペンチャン落として一枚しかない字牌が重なるのを待つなんて考えられなかったから

ペンチャンを大事に持って、結局字牌は裏目り、ペンチャンは埋まらず上がれない

なんてことがしょっちゅうあったんですが、今日は字牌を絞りまくり、役牌だけで2~3ハン+ドラの満貫なんてこともありました。

よく麻雀解説サイトでペンチャンより一枚持ちの字牌の方が不要牌なんて書いてますけど

自分はむしろペンチャンの二枚の方が場合によっては不要牌かなって思いました。


このせいか最近解説で試合の始まりのときに、
「プレイヤー、前の試合では驚異の絞りを見せてくれましたうんたらかんたら」ってほぼ毎回言われるようになりましたw

まぁ役牌はトイツにはなるんですが、なかなかアンコにはならないんで、自動的に鳴き麻雀になってしまい、防御力が低下してしまうのが弱点です…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。